FX自動売買用のEAを自作しています

FXのEAを自作するときに注意すること

FXで自動売買システムを稼働させるためにEAを自作する とき、
正しい記述を行わなければ指定したつもりがない場所で
ポジションを持ってしまうことがあります。

 

それは、EAを稼働させる前に相場状況が既に指定した条件に達していた場合です。

 

例えば、ストキャスティクスが20パーセント以上であるとき に
買い注文を入れるという条件のEAを使うとします。
作成者としては、システムを稼働させてから20パーセントを超えた時点で買い注文を入れるつもりのはずです。

 

しかし、実際にはEAを起動したときの相場状況が20パーセントを
超えていたら、自作システムはすぐさまポジションを持ってしまうのです。

 

この想定とは違う発注を避けるためには、条件文を記述 する際に
「2本前のローソク足のストキャスティクスが20よりも小さく、
1本前のローソク足のストキャスティクスが20以上の時」に
注文を入れるという条件を付けることで解決します。

 

この条件を付与すれば、EAを稼働させると同時に注文を
入れてしまうことがなくなります。